イトラコナゾールとミコゲル

水虫は抗真菌薬で早めに治す!

多くの方がご存じの水虫ですが、発症する原因を知らないという方も少なくないようです。水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事によって発症する皮膚感染症の1つです。白癬菌は皮膚に含まれる、ケラチンというタンパク質をエサとしています。皮膚に付着するとタンパク質を溶かす酵素を自ら出し、徐々に皮膚の角質層へと菌糸という植物の根のようなものを張って感染していきます。ケラチンは皮膚になら、どこにも含まれているので頭や手などにも白癬菌は感染しますが、付着しやすいという事もあり水虫は足に発症する率が7割を超えています。ですので、水虫といえば足に起こる皮膚病という、イメージが定着しているのです。たかがカビと思われるかもしれませんが、早めに治療を始めなければ完治するまでに、長い時間がかかってしまうので注意しましょう。白癬菌は自然と死滅する菌ではありません。治療しないかぎり再合成しつづけ、どんどん水虫の症状は酷くなります。長年、水虫を患っていると治りにくいと言われる、かかと水虫や爪水虫にまで進行してしまう恐れがあるのです。ですので、水虫かな?と感じたら皮膚科を受診しましょう。皮膚科では白癬菌に感染しているかどうかの検査を行い、もし感染していた場合は抗真菌薬による治療を行います。足水虫の場合は、抗真菌成分を含んだ外用薬で治療を行うケースが一般的です。抗真菌成分は白癬菌の細胞膜に直接作用し、再合成を阻害する事によって除菌の効果を発揮します。外用薬での治療は個人差はありますが、平均して約3カ月から半年程度、治療を続ける事によって水虫が完治するようです。ですが、薬をしっかり塗らなかったり、勝手に治療を止めてしまうと水虫がぶり返す恐れがあります。外用薬の塗り方は医師の指示通りに行いましょう。

抗真菌薬にも副作用はあるのか

抗真菌薬には外用薬と内服薬があり、外用抗真菌の場合にはほとんど副作用はありません。稀に患部が腫れたり痒みなどが現れる場合があるので、そういった場合にはすぐに使用をやめて医師に相談することが大切です。内服抗真菌薬も副作用の少ない薬ですが、胃や肝臓、腎臓などに病気があったり高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症している人の場合、胃痛や食欲不振、不眠や関節痛などの副作用が現れることがあるので、定期的に血液検査を行い体に異常がないかをチェックしながら服用を続けます。また異常を感じたら服用をやめ、医師に相談する必要があります。また妊娠している女性やアレルギー体質で今まで他の薬を服用してアレルギー反応が出たことがある人の場合も、副作用が出る可能性があるため服用前に医師にその事を伝えて治療を開始することが大切です。真菌はカビの一種であらゆるところに存在しています。真菌に感染して起こる症状でもっとも有名なのが水虫で、なかなか治らないのは真菌が強力な細胞膜に守られているためです。抗真菌薬はこの細胞膜を構成しているエルゴステロールという物質を破壊したり作らせないようにして真菌を消滅させてしまうので、他の薬では効果のない水虫を治すことができます。水虫は皮膚に出来ている場合には外用薬で治すことができますが、進行すると体の内部にまで侵入してきます。そして免疫力が低下している病気の人や高齢者は肺や腎臓、脳まで感染することがあり、肺炎のように発熱や呼吸困難などの症状が出てくる場合もあるため早めに治療をすることが大切です。また菌を全て消滅させないと再び増殖してしまうので、抗真菌薬は服用回数や使用方法をしっかり守って使う必要があります。

抗真菌薬は通販で安く購入出来る時代になった

白癬菌やカンジダ菌に対する感染症は皮膚表面で起こることが多く、その感染が起こると素人でも異常があることが明らかにわかります。痒みを伴うことも多いことから、その異常に耐えかねて治療を行いたいと考えるのも常でしょう。しかし、白癬菌感染により発生する水虫や性器カンジダ症の場合には社会的にみると偏見をもたれてしまう懸念もあることから、感染症にかかっていることを人に知られたくないと考えるのも当然のことです。そのため、水虫や性器カンジダ症かもしれないと考えたとしても、その治療のために皮膚科や性病科などに足を運ぶことができずに躊躇してしまう患者も多いのが現状となっています。しかし、抗真菌薬の開発が進んできた今日においては、患部が狭いうちに治療を始めれば比較的短い期間で治療を達成することができるようになっており、その早期治療を進めることが重要になっています。短い期間といっても数ヶ月や一年という単位で治療を続けることになるのが一般的であるため、患者にとってはいかにして安く抗真菌薬を必要量だけ手に入れるかということを重要視せざるを得ません。薬局でも販売するようになっているものの、その費用は処方箋をもって購入するのに比べると高くなってしまうのが当然であり、医師の処方箋をもらうのがより安く購入する方法となります。しかし、現代では通販ができるようになっており、個人輸入代行業者も広く活動するようになったことから、抗真菌薬を手に入れる手段として通販が最も安い購入方法となっています。長期的に使用するものだからこそ大量購入が必要になるのが抗真菌薬であり、そうすることによって送料もまかなって安価に通販で購入可能な時代となっています。
■イミダゾール系の抗真菌薬
ニゾラール
■アゾール系の抗真菌薬ならこの薬
イトリゾールは塗り薬で治りにくい水虫に効く